アースデイとやま 2016 で、和綿のプロジェクト初紹介!

LINEで送る

和綿の種を植えませんか?

2016-05-15-15-16-19 わたはじめプロジェクトの発表の場として、「アースデイとやま」と選びました。
アースディとやまは、地球の環境問題を身近なものにとらえ、年1回のイベントを中心にその問題を訴えています。
わたはじめにとっては、環境問題もしかりで、休耕田が増えることにより荒らされた山にもなるわけで。。。。エコ、オーガニックの意識が高いこのイベントこそ、プロジェクト発表にふさわしいと選び、出展させていただきました。

 そこで、何をしてもらったかというと・・・・・そうなんです。実際に綿花を植えてもらいました!
 ポットにひとり二粒ずつ和綿の種を植えてもらいました。

2016-05-15-15-18-41 今回のイベントで、綿の国内自給率が0%だということと、綿は農作物から作られているのをわかっていただいのはうれしかったです。
 また、実際に綿花を植えていらっしゃる先輩方も多く見受けました。お互い綿花栽培のノウハウを情報交換し、いっしょに綿花を植えていこうと絆を強めました。

みんなの思いを寄せ書きに

2016-05-15-15-14-35 植えていただいた方に、一言寄せ書きを書いていただきました。「大きく育って」「この綿でつくられたものが着たい」などの応援メッセージがあり、その数はなんと!100名を超えました。ありがとうございます♪
2016-05-15-16-49-20

みんなの思いは綿花畑に立てかけます。

20160515_10 最後は、Farmerリーダーの稗苗さんに応援メッセージをいただいたボードを渡しました。今は、こんな感じで富山県魚津市松倉地区の綿花畑に立ててもらってます♪ 綿花畑を見守り、わたはじめのイベントもいつも見守ってくれています。
2016-08-03-17-02-55
これが「わたはじめ」のはじめの一歩でした。

アースデイとやま2016 http://g7.earthday-toyama.org/

LINEで送る

コメントを残す

SNSアカウントでログイン/メンバー登録
メンバーIDでログイン
   

*メンバー登録をすることで、当サイト利用規約及びCookieの使用を含むデータに関するプライバシーポリシーに同意するものとします。

ABOUTこの記事をかいた人

東海 裕慎

モノづくりの街、富山県高岡市でいろんな企業さんのプロダクトマネージャーをしています。 衣の地産地消を目指して、私も微力ながらもいろいろコラムを書いていきますので、よろしくお願いいたします。