北陸農政局「ディスカバー農山漁村の宝」優良事例に選定していただきました。

LINEで送る

活動2年目にして受賞。恐縮です。。

先日、わたはじめプロジェクト第2期目の収穫も無事終わったのもつかの間、
「休耕田を解消し、和綿産業の復活を目指す」という私たち、わたはじめプロジェクトの活動が、北陸農政局主催の「ディスカバー農山漁村の宝」優良事例に選定していただきました(^.^)
ありがとうございます!!
北陸で14団体、富山県内で3団体が選ばれ、選定証が贈られました。
授与式
写真は新潟の「荻乃島地域協議会」さん♪

意見交換会で、休耕田の対象農作物の拡大を要望

授与式の後、選定団体と農政局方で意見交換会が行われました。
また、全国で選定された5団体と北陸で選定された14団体の19団体の活動報告を受けました。

ほんとにみなさん、素晴らしい活動をしていらっしゃる方ばかりで、ジーンズとパーカーでいった僕は恐縮です。。(^_^;

北陸選定団体から、全国選定団体へと昇格する例が多いと聞きました。
身を引き締めて、活動がんばっていきましょう♪

応援のほど、よろしくお願いいたします。
意見交換会

平成29年度「北陸農政局『ディスカバー農山漁村(むら)の宝』」の選定結果並びに選定証授与式及び意見交換会の開催について http://www.maff.go.jp/hokuriku/news/press/171122.html

LINEで送る

コメントを残す

SNSアカウントでログイン/メンバー登録
メンバーIDでログイン
   

*メンバー登録をすることで、当サイト利用規約及びCookieの使用を含むデータに関するプライバシーポリシーに同意するものとします。

ABOUTこの記事をかいた人

東海 裕慎

モノづくりの街、富山県高岡市でいろんな企業さんのプロダクトマネージャーをしています。 衣の地産地消を目指して、私も微力ながらもいろいろコラムを書いていきますので、よろしくお願いいたします。